2011年07月31日

今日の朝刊(読売新聞2011年7/31)に、放射能汚染地図が紹介されている。
記事はこちら YOMIURI ONLINE

またGIS NEXT 36号にも、この群馬大学の早川教授が作成・公開された
地図が紹介されているのであるが、「放射能汚染地図」は、原発事故の
現実を容赦なく突き付けてくるようであり、見ごたえのある地図になっている。

@nnistarさんがプロットした計測値地図(7000ポイント)をもとに
等高線図を作成されたとのことであるが、スケールはともかくとしても、
姶良Tn火山灰を彷彿とさせるような地図であり、
見えない放射線量を可視化したこの地図に見入っているのである・・・。

放射能汚染地図

早川教授の「火山ブログ」では、同地図を
ダウンロードすることができる。




やっぱり地図は興味深い。まさに地図を作る時代の到来を実感・・・。

(20:55)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔