QGIS

2018年05月04日

超久々のUp
すでにQGISは3.xにver.upしているのであった。

no title
ノデボ:デンマークのコペンハーゲン
から北約40kmに位置する村


ラス・パルモス:スペイン・カナリア
諸島のグラン・カナリア島北部に位置
する県都


ジローナ:スペイン・カタルーニャ州
ジローナ県の県都


※ 以上Wikipediaから

また、QGIS本として「業務で使う林業QGIS 徹底使いこなしガイド
が全国林業改良普及協会出版されている。
高価で大部ではあるが、いわゆる逆引きガイドとしても使える。
事例は林業に限定されてはいるが、各種業務で応用できる内容と
なっている。
QGISを実務に活用したいと考える人には有用だろう。


(20:48)

2016年01月02日

QGISバージョンアップ
 
Lyon (1) 





まず、QGIS LYON(Windows版)では、起動時に「最近使用したプロジェクト」が
表示され作業の取掛りが容易になった。
 
Lyon (2)


「最近使用したプロジェクト」



ちなみに、リヨン (Lyon) は、フランスの南東部に位置する都市で、
富岡製糸場の設置にかかわった技術者のポール・ブリュナーはリヨン近郊出身だということである。

それはさておき、年の暮れから、「QGISの基本と防災活用」古今書院を
QGIS 2.12.0 LYON を使って読み進めてみた。

この書籍自体は、2.10.1を対象にしたものだが、
GGIS LYONでも、特に問題なく実習することができ、
基盤地図情報や国勢調査、国土数値情報等の公開データを活用しつつ
QGISの機能を学ぶことができる内容となっている。

Lyon (3) 

 主題図、ポイントからのバッファの作成



Lyon (4)
 
 標高サーフェスモデル、等高線の作成



一部、作業時間の短縮を図ったことから、
(関連施設データベースとして国土数値情報の「避難施設」を使用:6章)
(地域内の人口推定用の新規クリッピングオーバレイを作成:17章)
結果には多少の差異が出たが、様々なQGISの使い方をハンズオンで
学ぶことができた。

特に、16章で紹介されている「TileLayer 」プラグインについては、
QGIS上において地理院地図を活用するための必須のプラグインで、
こんな地図も使えるのかぁ〜、と感心しきりであった。
しばらく、GIS全般から遠ざかっていたが、空中写真を始め、国土地理院からの
各種地図情報の公開状況を確認することができ、これまた、「へぇ〜」であった。

Lyon (5)Lyon (6)




Lyon (7)

標準地図と空中写真
それらの重ね合わせ



Lyon (8)Lyon (9)





東日本大震災オルソ画像と災害復興計画基図

その他
demのカラー設定の説明は、始めてQGISを触る人にとって
少しわかりにくいのではないかと思い、ちょいと補足。

Lyon (10) 
新規カラーマップでは、
カラーブリューワーを選択し、
さらにスキーマ名を「Spectral」に
設定することで、
それなりの標高表現になる。


(ここら辺は、トライ&エラーです。)


以上、QGIS、地理院地図のバージョンアップ等について簡単に紹介したが、
新年を迎え、本ブログもそろそろ内容的にバージョンアップをしたいなぁ、
と思う。


(18:00)

2015年08月30日

またもしばらく前のことになってしまったが、
QGISは2.10へ

今回はPisa、イタリアのピサ、つまりピサの斜塔のピサである。

10_Pisa
QGISのスタートアップ画像の
左上にピサの斜塔が確認できる。



pisa_city
実際はこんな所らしい。
アーモイタリア旅行ガイド 

イタリアかぁ。
奥さんの希望で新婚旅行に行った知人によると
予想外にいい所だったらしいが、おそらく行くことはないだろう。
と、思う。

ところで、このバージョンアップからQt Designer というのが
添付されているのだが、使い方は残念ながら不明。
開発者ではなく一ユーザの自分には必要ではないと思うが、
QGISの進歩は止まらない。 

p2s_x 

ただ、photo2shpプラグインが
「壊れています」となっている
ではないか!



今回、インストールは断念したが、使えないのだろうか・・・。 
残念・・・。 

(17:44)

2015年04月19日

もうしばらく前の話ではあるが、QGIS2.8 Wien リリース
QGIS_Wien 





QGIS2.8a
今回は、このQGIS2.8を使って
「実務で使う林業GIS」を
ひもといてみた。


QGIS2.8b
この本に添付されているCD内には
QGIS1.7.4が収録されているのだが、
QGS2.8 Wienでも問題なく
使用することができる。

QGIS2.8c
もちろんメニューアイコンを始め、
細かいところがバージョンアップ
されているのだが、全ての実習は可能。


QGIS2.8d
林業界の例題には多少わかりにくい
ところはあるが、ハンディGPSや
Google Earthとの連携、はたまた
GPSBabelまで話題は豊富である。
 
QGIS2.8e

この本、価格が高めでしばらく手が
出なかったけれども
いろんなフィールドで応用できる
内容になっていると思う。






(20:07)

2014年11月03日

QGIS2.6-Brighton登場!!

2.5フリーズで、しばらくは2.6も出てこないであろう・・・
と油断していたら、颯爽の登場〜。

QGIS2.6 




ウィキペディアによるとブライトン(Brighton)は
「イギリス・イングランド南東部、
イースト・サセックス州西端に位置しシーサイド・リゾート
として有名」ということである。

北極海を経由して、いよいよ、東洋も近いのであろうか?
いや、まだ新大陸が控えているが、日本上陸・降臨?
の際には、是非とも渋い地方都市にしていただきたいものだ。

それはそうと、Open Layersはメニューバーの[Web]にあることに、
ようやくながら気が付いた。
某県の急傾斜地をGoogleMap上に表示するとこうなる。

 QGIS2.6_2
やっぱり
便利なことこの上ない。



(17:52)

2014年07月10日

QGIS バージョンアップ

4 





chugiakとは、アラスカはアンカレッジ近くの地名、
国立公園の名前にもなっているようだが、
チャガックという表記もあれば、チュギアックというものもある。
どちらが、実際の発音に近いのかは、不明・・・。 

さっそくインストールしてchugiakを探してみようと試してみたが、
どうも現状としてはOpen Layers プラグインがうまく使えないようだ。

仕方なく、2.2 Valmieraで捜索
chg_1chg_2


 




左がOpen Street mapで右がGoogle map でみたchugiak

(19:45)

2014年04月01日

QGIS2.2へVer.Up

2a




2月中にバージョンアップされていたのだが、Webページの
デザインが変わっていなかったので気づかず・・・。

ヴァルミエラとは、バルト三国のひとつラトビアの町
首都リガから北東に100キロ、エストニアとの国境から南に
50キロの交通の要衝、ということである。(Wikipediaより)

2.0から機能していたのかも知れないが、
ArcToolBoxのようなプロセッシングメニューが付加されている。

2b
 まさにその名のとおり、
ツールボックスなのだが、
 ツールボックスの中身は、
かなり充実



QGIS geoalgorithmsだけでも67のアルゴリズムが用意されている。
全てが機能するのかどうかわからないが、
QGIS geoalgorithms
〜Vector geometry toolsのDissolveを試してみる。

2c

ディゾルブするベクターファイルを
指定して、属性値を使用するか
どうかを選択して「OK」を押せば、



2d


ディゾルブ完了!である。




素晴らしきかなQGIS
このようなソフトが自由に使えるのは、実にありがたいことだ。

ようよう4月になったことだし、blogもコンスタントに記事をUpしたい
と思う今日この頃ではあるが、春眠暁を覚えず・・・。
 

(20:32)

2014年01月25日

古今書院から発売された「QuanumGIS入門」
〜今木洋大氏編著〜を冬休みに読んでみた。
実習用データの取得もきちんと準備されていて、
理解容易な構成だと思う。

それにしてもQGIS実に面白い。
このような機能満載のGISがフリーで使用できるとは、感無量・・・。

それはそうと、「QuanumGIS入門」ではバージョン1.8.0を使用して
記述してあるのだが、Windows8&QGIS2.0.1環境で十分に使用できる。

以下の画像は、本書内の空間解析事例を
Windows8&QGIS2.0.1環境で行ってみたもの

QGIS2_1
 日光におけるサルの行動圏分析

記述通りに、地図の作成が可能だ。


なお、本文中には記述されていないが、QGISのヒートマッププラグインを
使用すればカーネルマップが容易に作成できるのは驚きだ。
実習用データを使用してカーネルマップを作成するとこんな感じ。

QGIS2_2





QGIS2_3





QGIS2_4





実にスバラシイ





(21:06)

2013年01月20日

QGISプラグイン XY tools・・・

この名前と,、できることの間に差があるなぁ、と思っていた、
QGISプラグイン XY toolsだが、エクセルやりブレオフィスの
スプレッドシートが読めるようになった!

python-xlrd と python-xlwt packagesが必要ということだが、
OSGeo4W installerを使用してみたら、何とかなった。
インストールの仕方はこちらで確認・・・


XYtools_1OSGeo4W installerの
アドバンストインストール〜
「次へ」を数回クリックし、
パッケージから
python-xlrd と python-xlwtを選択



バージョン名が出てくるまで、サークル矢印をクリックして、
インストールを実行すればOK

XYtools_2

さっそく栃木のmapに
取り込んでみることにする。



XYtools_3
用意したのはリブレオフィスで作成した、
UTM座標値を持つ、100個のポイント
データからなるスプレッドシート

リブレで作成してエクセルデータとして
保存したもの


XYtools_4
XY toolsを起動すると、
データの種類を確認してくる。

今回は、エクセルを選択


XYtools_5
X座標値とY座標値の列名を
聞いてくるので、それぞれの
該当列(カラム)を指定する。




XYtools_6
そうすると、エクセルのXY座標値シートが
一時的なのポイントレイヤとして
作成されるのである。



XYtools_7

ポイントを選択して、属性を確認すると
当然ながら、座標値が確認できる。



delimited text layerプラグインも使い勝手がいいプラグインだが、
このXY toolsプラグインもスバラシイと言えるだろう。

※ OS:windows7

(19:07)

2012年11月02日

Exifデータの位置情報を属性化するにはどうすればいいのだろうか?
Exifデータ内の緯度経度値をもってポイントデータ化できればいいのになぁ、
と思っていいたのだが、まさにそれができるプラグインがあった。

photo2shpというプラグインである。

スマートフォンを含め、ジオタグ付きの写真・画像を撮ることが
当たり前のようになっている今日この頃だが、このphoto2shpは、
位置情報付の画像をハイパーリンク付きのポイントshpデータに
変換してくれる優れものなのである。


photo2shp_1
京都府宇治市役所 青木氏が作成された
資料が公開されている。
これまた、スバラシイことだと思う。

さっそく、スライド資料を参考にポイントデータ化してみる。

 
photo2shp_2
Photo2shpを起動
 
画像データのフォルダと出力フォルダを
選択し、ファイル名を入力したら「OK」



photo2shp_3
まず、
画像データのExif内のXYデータから
ポイントデータが出来上がる。

 

photo2shp_4
さっそくオープンレイヤから
グーグルマップを取り込んでみる。
 
これは楽チンだ。
 

photo2shp_5

そして、スライド資料に従って
イベントブラウザを起動し、
ファイルパスを設定すれば
あっという間に画像つき
ポイントデータができてしまうのである。

photo2shp_6 

ポイントを選択すると属性データも
表示される。



(よくはわからないが、もしかしたらファイルバス中に日本語が入ったり、
写真の名前が日本語だと画像が表示されないのかもしれない。
日本語のインポートがうまくいかず表示されないものも何枚か発生)
 
とりあえずは、これでshpファイル化は完成
お散歩マップのスライド資料では、この後に新規のカラムの作成と
コメント入力〜表示の仕方まで説明してあるが、ポイントデータ化自体は
これで完了である。

photo2shp_7

当然といえば当然だが、
このshpファイルをSuperMapに
インポートし、ハイパーリンクを設定する
といった使い方もできる。
 

photo2shp_9

もちろんArcViewの
ハイパーリンクもOK



 
QGIS、まだまだいろいろと深いところがありそうで、面白い。


(21:10)