Drone

2016年06月25日

作成したオルソフォトをQGISを使ってジオリファレンスする。

ラスタメニューからジオリファレンサを使用し使用し、
Googleの衛生画像とオルソ画像を合致させるのである。

要は、QGIS上のGoogleMap(衛星画像)を使用して
位置を合わせる訳である。ある意味逆転の発想・・・。

ご教示いただいたのはこちら

Agisoft Photoscan Standard Edition & QGIS for Generating Orthomosaics from UAV Aerial Photography


オルソ_6





こんな感じでポイントを合わせていく。
もちろんミリミリと正確に、という訳にはいかないし、
勘に頼るところも大きい。

オルソ_7

ジオリファレンス
結果としてはこの通り。



オルソ_8

比較すると
こんな感じである。




個人的なドローンの撮影結果としては十二分であろう。

オルソ_9





Googleの衛星画像はQGIS上では1/500までの縮尺が限度
のようだがドローンオルソは、1/250から1/100位まではいける。

オルソ_10







ジオリファレンス後の周囲の黒い部分を削除するには、
ラスタメニューの「抽出」〜「クリッパー」を使用する。

オルソ_11 
 







オルソ_12 

この通り。やるな!
QGIS&PhotoScan


 

(20:59)

2016年06月19日

photoscan(スタンダード)でオルソ画像を作成する。

オルソ_3オルソ_2

まずはドローンで撮影 した画像をphotoscanに取り込む。
今回は松島の某島、ノンフレームだからフラフラしているが、
確かにこんな感じで飛行・・・。

オルソ_4
workflowにしたがってデータを
作成していく・・・。
Build Textureの段階では
Orthophotoを選択する。


BlogPaint 
Textureが作成されたら、
Tools〜Export〜Export Textureを
選択しタイトルをつけて保存する。



k_i_ortho_a 
と、モザイクによるオルソ画像が作成
〜保存されるのである。
 
※ photoscanスタンダードの場合は、
 左右反転でエクスポートされるので
 Picture Manager等で編集する
 必要がある。
   

スタンダード版なので、位置情報を保有していないが、
そこそこの解像度で、オルソを作成することができる。

次回は、このオルソ画像をジオリファレンスしてみることにする。 

 

(18:09)

2016年06月12日

ようやくながらドローンである。
 
航空法も改正され、モノスゴイスピードで活用へのを進め始めたドローン。
と、いうかあっという間に2歩も3歩も進み、巷での認知度もググッと
上昇中である。

それはそれとして、やはりドローンは面白い。
何と言っても、個人が手軽に空撮できてしまうのである。
撮影高度や画質に限界があるとはいえ、「空撮できる」ということは、
いわゆる空中写真を撮ることができるということであり、そこから色々な
情報を個人レベルで引き出すことができるということである。

すでに数年前から様々な取り組みがなされているが、
GISに限らず地理情報とのとの親和性は高い。
オーバーラップで撮影すれば立体視ができるし、モザイクすれば
それなりの写真地図ができる。

そしてまた、photoscanやPix4D等のソフトウェアを使用すれば
3D画像化もできる。
3Dデータ化すれば、3Dプリンターで造形することも可能である。
いやはや面白いことができるようになったと思う。

最近はドローンマッパーなる言葉も聞くが、駆け出しドローンマッパー
の一人(のつもり)として、今後、備忘録的なmemoをUpしていく予定・・・。

まずはライトな所で、立体視用の簡易な空中写真の撮影である。
要は同一高度で飛行し、対象物の2/3程度をオーバーラップさせて
撮影すればいいのである。

空中写真はもっと奥深いものだとは思うが、ごくシンプルに考えれば、
以上のようになる。
個人でドローン撮影して立体視、重ね重ね面白し。

と、いうことで論より実践 
立体視画像a






 

しばらく前の画像だが、道路沿いや川沿いのの林縁の高さ
というものが、PC画面上でも十分に立体視できるかと思う。


(21:23)